島根の神社仏閣巡り2(出雲大社、一畑薬師、美保神社)

6/15にアップした島根の神社仏閣巡りの続編?です。

前回ページは↓

島根県東部出雲市から松江市美保関町)の有名な寺社を紹介します。

島根を知らなくても、誰もが知っている出雲大社(いずもおおやしろ)から。

f:id:nayua11:20210711193221j:plain

到着後、参拝前に腹ごしらえ。近くの荒木屋さんの天ざるそばとぜんざいのセット

 

f:id:nayua11:20210711192718j:plain

正面鳥居

f:id:nayua11:20210711193321j:plain

後ろを振り向くとお土産屋が立ち並ぶ神門通り

f:id:nayua11:20210711193430j:plain

大鳥居をくぐると長い参道へ。真ん中は神様が通るので一般人は両端を歩くのが習わし。

f:id:nayua11:20210711193644j:plain

参道沿いの松の木とつわぶき。タコの足のようで面白かった。

f:id:nayua11:20210711193917j:plain

御祭神である大国主の大神さまの像。迫力は半端ないですが、自分の撮影技術ではお伝えできない。

f:id:nayua11:20210711194140j:plain

楽殿の大注連縄。これも実物の迫力が伝えられないのが残念。

f:id:nayua11:20210711194349j:plain

奥が本殿ですが、立ち入ることができません。これも凄さが伝えられません。

ここから宍道湖の北側を走る国道431号(湖北線)を東進し、一畑薬師

一畑は、「目のやくし」「子供の無事成長の仏さま」として広く信仰され、 千百年の歴史ある薬師信仰の総本山です。

 

f:id:nayua11:20210711194629j:plain

まずは目玉おやじがお出迎え。なるほどです。

f:id:nayua11:20210711195405j:plain

f:id:nayua11:20210711195530j:plain

境内全景

f:id:nayua11:20210711195626j:plain

御札もご縁だけでなく「め」や「医」に関するものが多い

f:id:nayua11:20210711195751j:plain

f:id:nayua11:20210711195829j:plain

目を患われた方の痛み苦しみを背負われたのだろうか

f:id:nayua11:20210711200157j:plain

f:id:nayua11:20210711200208j:plain

本殿の横に8万体を超える仏像が整然と並んでいます。これは圧巻でしたね。

続いて島根県の東端にある美保神社へ。主祭神は事代主(ことしろぬし)神、美穂津姫(みほつひめ)神。 上代の創立で、青柴垣(あおふしがき)神事、諸手船(もろたぶね)神事、一年神主制度など特殊な祭祀形態を伝承する、歴史ある神社です。

f:id:nayua11:20210711200335j:plain

美保神社境内。厳かな雰囲気があります。何かしらのパワーを感じました。

f:id:nayua11:20210711200959j:plain

神門から見る拝殿

f:id:nayua11:20210711200751j:plain

拝殿と後方に本殿

f:id:nayua11:20210711201208j:plain

拝殿内部、周囲から見渡せるようになっています

f:id:nayua11:20210711201317j:plain

ここの絵馬は竹の枝に吊るされていました

f:id:nayua11:20210711201424j:plain

美保神社入り口右手にある「青畳通り」雨に濡れると石畳が青く見えるという有名なスポットですが、残念ながらこの日は濡れていません。とても趣ある通りですよ。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。